サスペンションを調整する(またも思うトコロあってやり直し)

<ダンパー調整70回目>
リアTEN:  -8
リアCMP低速:-5
リアCMP高速:-3/8
フロントTEN:-12
フロントCMP:-14

<その他>
リア空気圧:  205kPa
フロント空気圧:215kPa
フロントフォーク突き出し:4mm

また回数が飛んでてその間紆余曲折があるのですがw

まず今日、ジムカーナA級選手に直々に教えて頂いたタイヘン重要なコト。

ミシュランタイヤの空気圧を下げちゃダメ!

今までの流れでサーキットの時の空気圧はフロント:1.6〜1.8、リア:1.7〜1.9くらいで走ってたのですが、ミシュランのパワーシリーズはスチールベルトではないので、空気圧は標準、若しくは上げる方向で合わせるのだそーです。これが顕著だったのは、パイロンを180度以上廻るよーなトコロで時々、急にハンドルが切れ込んで転びそーになるコトがあったのですが、コレは空気圧が低すぎてタイヤが許容する変形の範囲を超えてしまっているのだそーです。観て頂いたA級選手が空気圧に気付いてくれて、「上記の空気圧まで上げて下さい」とアドバイスして頂いたのですが、ハンドルの切れ込みは皆無だし、グリップも全然心配ありませんでした。

その他の変更は、
フロントの伸び側が高すぎる気がしたので、圧/伸のバランスが標準と同じくらいになるよーに緩めました。そーすると少し前上がりになるはずなので、突き出しを1mm増やしておきました。

リアの圧側(高速側)は、茂原ツインで一番タイムが安定していた時のままなのですが、コレだとジムカーナみたいに極端な小回りでは曲がらないので、低速側を緩めました。そのままコースも走りましたが特に不安はありません。この後試してみたいのは、

1.寝かせ初めにもう少しフロントの接地感が欲しい
 →フロントの伸び側をもう少し緩めても良いのかも知れません
2.ジムカーナ的なコースだと、フロントの圧側が強すぎて寝かせにくい
 →これはちょっと迷うトコロです。経験的にフロントの圧側をこれよか緩めると、サーキットで直線からブレーキかけた時、フロントが振られてしまいます。なので「1」が良くなったらそこから圧/伸ともに1〜2つ緩めれば良いのではないかと。

近々茂原に行って試してみよーと思います。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カテゴリ

最近の記事

過去の記事

コメント

  • サスペンションを調整する(何となくベース完成)
    ヨシムラさん
  • サスペンションを調整する(何となくベース完成)
    つんいち
  • ミシュラン パイロットパワー2CTの皮むき
    ヨシムラさん
  • ミシュラン パイロットパワー2CTの皮むき
    450SM
  • ミシュラン パイロットパワー2CTの皮むき
    ヨシムラさん
  • ミシュラン パイロットパワー2CTの皮むき
    450SM
  • リヤ5インチリム化
    ヨシムラさん
  • リヤ5インチリム化
    450SM
  • リヤ5インチリム化
    ヨシムラさん
  • リヤ5インチリム化
    450SM

リンク

プロフィール

書いた記事数:94 最後に更新した日:2010/09/21

記事検索

RSS